具体的な宣伝効果

ふちのり圧着ハガキで売り上げアップを!

ふちのり圧着ハガキは、とても便利です。ハガキのふちが糊付けされているので中が見えません。週刊誌の袋とじのようなドキドキ感があります。それでは、ふちのり圧着ハガキを利用するメリットをご紹介します。
【圧倒的な情報量】3面、4面のふちのり圧着ハガキを選らぶと、その分だけ情報量が増えます。伝えたい情報や商品の強みをハガキ1つにまとめることができるのでお客のリアクションが全然違ってきます。
【コストパフォーマンスが凄い】ハガキのふちが糊付けされているだけなので前面圧着のUVニス圧着に比べると値段が格安になります。部数が増えれば増えるほどお得になります。
【個人情報が守られる】ふちのり圧着ハガキは、個人情報や契約内容の確認など機密性を守りたいときに最適です。またシークレットキャンペーンなどハガキ限定のサービス告知にも利用できます。
【商品のバリエーションが豊富】ハガキのファーストインパクトでお客の反応、問い合わせの数が違ってきます。ですから魅力的で目立つデザインにすることが重要になってきます。どうでしたか?このようにふちのり圧着は、コストパフォーマンスに大変優れた技術です。低コストで売り上げアップを望むなら、ふちのり圧着ハガキをオススメします。

ふちのり圧着と圧着ハガキ

ふちのり圧着とは、用紙の一番端、ふちをのりで付けて、PP加工を要しない圧着方式のことを示唆します。用紙の大きさは、A4から封筒サイズに至るまで、実に様々です。よく公共料金などの請求書などで用いられており、はがして中身を見るように記載していることでしょう。このような2つ折りのハガキを圧着する加工のことを、ふちのり圧着と称するのです。
公共料金やクレジットカードの請求書、そのほかは割引きクーポン券にも用いられています。このふちのり圧着を利用する目的とは、第三者に知られたくないような秘密の情報を記載するというものです。請求書などが代表されますよね。そして、このふちのり圧着、いったんはがせば、再度くっつけることは不可能であるので、一度、第三者が盗み見る目的ではがせば、必ずバレることになります。
もし、ふちのり圧着のままでハガキが到着すれば、それは誰にも見られていないという証明になります。他方、ダイレクトメールで用いられる場合には、圧着面がある、すなわち、通常のハガキの2倍から3倍程度の情報を掲載することができます。郵送する際には、ふちのり圧着を施していますから、つまりは、ハガキサイズのまま、通常のハガキの2倍から3倍程度の情報量を郵送しているということになります。

category

newslist

2017年08月22日
目に留まりやすい媒体を更新。
2017年08月22日
用途に合わせて選択を更新。
2017年08月22日
具体的な宣伝効果を更新。
2017年08月22日
ふちのり圧着の仕様を更新。

calendar

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031