目に留まりやすい媒体

ふちのり圧着ハガキのアピール

ふちのり圧着が使われるハガキには、情報量に照らしてどのような形状の圧着ハガキにするか検討することが大事です。その目的が通知のみであれば、四面ハガキと称される圧着ハガキでも大丈夫でしょう。圧着ハガキの種類に、内三つ折り、あるいはC折りと称されるものもあります。このハガキの原理は、接着面同士が互いにくっついている状態のハガキのことを指します。
このハガキの目的は、返信用のハガキとして切り取るといった用途に適しています。往復ハガキのままでは、多くの情報を記載することは難しいといえますが、内三つ折りハガキの場合には、情報量を多くして掲載することにも適しています。圧着ハガキをダイレクトメールで用いる際には、ユーザーにハガキを開かせる動機を与えることが大切です。開封させるためには、ユーザーの興味を惹かなければなりません。
請求書の場合には、重要事項であるから、単に開いて確認する旨が記載されていることが通常ですが、ダイレクトメールの場合には、開くと何かおいしいことがあるような旨を記載しておくとよいかもしれません。どちらにしてもハガキで通知しているわけですから、何らかの重要性を秘めている旨をアピールしておくことが不可欠です。

ふちのり圧着はダイレクトメールにおすすめ

ふちのり圧着はダイレクトメールに使用すると、伝えたい情報が送られた相手だけにしか伝わらないのでおすすめです。お店のクーポンやお得情報などを会員限定でお知らせしたい時は大変重宝すると思います。会員ではない人に知られてお店が損をすることも防げますし、悪用も防げます。送られたお客さんも大きなダイレクトメールより、小さなはがきサイズの方が受け取りやすいと思います。
外にポストを設置してあるお客さんの場合は、大きなダイレクトメールだとはみ出てしまって嫌な思いをしていることも考えられます。なので、コンパクトにしてポストに必ず入るようなサイズだとお客さんも困らなくて済みますし、迷惑にはならないことでしょう。ふちのり圧着のダイレクトメールは封筒いらずでそのままポストに入れることができますので、お店や企業にとっても大変便利だと思います。
今まで必要な情報をたくさん詰め込まなければいけなかったから大きなダイレクトメールにしていたと思いますが、ふちのり圧着のダイレクトメールなら、たくさんの情報をそのまま詰め込んで三つ折りにしてコンパクトなはがきサイズにすることができるので、費用を抑えることができてとっても経済的と言えます。ダイレクトメールの発送を考えているお店や企業の方はふちのり圧着という方法を考えてみるといいでしょう。

category

newslist

2017年08月22日
目に留まりやすい媒体を更新。
2017年08月22日
用途に合わせて選択を更新。
2017年08月22日
具体的な宣伝効果を更新。
2017年08月22日
ふちのり圧着の仕様を更新。

calendar

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30